バッファローおすすめ無線LANルーター

1.おすすめ無線LANルーター

日本製、外国製色々ありますが、日本製を推奨するなら
バッファロー AirStationシリーズ
NEC  Atermシリーズ
アイ・オー・データ機器 WNシリーズ
エレコム WRCシリーズ

などがありますが、シェアはバッファローが50%、NECが30数%で、この2社で80%以上のようです。

バッファロー AirStation WSR-3200AX4S-BK [ブラック]と、NEC  Aterm WX3000HP PA-WX3000HPの2機種

何れも5G対応最新のWiFi6規格(11ax)です。

もう一方の雄NECの製品です。

2.中継機のおすすめ

無線LANを使う部屋が親機から10m以上離れているとか、親機が1階で3階の一番奥の部屋に電波を飛ばしたいとか、トイレのように閉鎖空間での通信強度を上げたいとなると、中継機を中間に取り付けると良いと思います。

今は、コンセント直に挿すタイプもあり、親機にしろ中継機にしろ、設定もWi-Fiアライアンスが策定したWPS(Wi-Fi Protected Setup)と言う無線LANの接続設定を簡単に行うための規格や、同様にバッファローのAOSS、AOSS2、NECのらくらく無線スタート等があり、ボタンを押すだけで難しい設定は一切なく、簡単に接続が出来るようになっています。

公衆無線LANのセキュリティ確保 コンパクト中継機のオススメ

3.必要なもの

無線LANルーターと、モデムか光回線終端装置とを繋ぐLANケーブル  1本が必要です。

長さは、無線LANルーターを設置する場所によりますが、LANポート間との距離から少し余裕を持った長さにして下さい。

LANケーブルの規格は、カテゴリーCAT6A以上の1000Mb/s対応品を用意して下さい。(CAT6A、CAT6E、CAT7、CAT7Aならどれでも可、CAT6クラスがオススメ、形状はスタンダード、ストレートケーブル)

4.WiFiと無線LANとどう違うの❓

同じ意味です。

WiFiと言う言葉は、良く耳にすると思いますが、これは無線LANの一つの業界団体であるWi-Fi Alliance(ワイファイ アライアンス)のロゴ見たいなもので、皆さんに馴染みの深い物で例えるなら、セロテープをご存知だと思いますが、これは、ニチバンと言う会社の登録商標で一般名称ではありません。

一般名称は、セロハンテープが正しいのですが、普通名称化しており、昔コピー機が一般オフィスに導入され始めた頃、XROX(ゼロックス)と言うメーカーの機械が多く、コピーを頼む時にゼロックスして、とか言う人がいたのを覚えていますが、それと同じようなものでコピーはコピーであってゼロックスとは言いません、ゼロックスはメーカー名です。もしリコーのコピー機を使っていたとして、リコーしてとは言いますかね。

セロテープはセロハンテープ、無線LANはWiFiでなく無線LANで、WiFiは無線LANの規格団体の頭名称と言う事です。
でも、WiFiもセロテープと同じ感覚になって来ているかも知れませんね。

LANは、有線LANと無線LANに分けられます。
あなたがインターネットをするとした場合、賃貸であればネットコンセント、自宅であればルーターのLANポートにLANケーブルを接続して、パソコンのLANコネクタにつないでやりますよね、線をつないでやるから有線LANであってLANとは、Local Area Network(ローカル・エリア・ネットワーク)の頭文字を取ってLAN即ち、ローカルな範囲のネットワーク、具体的に言えば1軒の家庭の中でのネットワークです。

それに対して、Wide Area Network(ワイド・エリア・ネットワーク、略してWAN(ワン)は、もっと広い範囲でのネットワークを指し、1軒の家の玄関から外と言えば分かりやすいですかね。
簡単に言えば全世界とつながるネットワークを言います。

あなたのパソコンもルーターを介して全世界とつながっているのですよ。
ですから、ルーターのセキュリティが大事なんです。
門番みたいなものです。

ですから、ルーターは絶対に必要です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*