NHKBSプレミアム TVTestが映らない! 対処方法を徹底網羅【2019】


「TVTest」や「TVRock」の導入当初は、ちょっとした設定の誤りとか、リストの記述間違い、CATVの場合の特殊な設定等、様々な要素によって真っ黒な画面のまま何も映らなかったり、予約録画が出来なかったりして、その原因が全く分からない場合が多々あります。

又、最近では4K放送の開始に伴うBS衛生送信機のチャンネル周波数席替え(トランスポンダ移動)があった事で、普通のテレビでは直ぐに変更出来るチャンネルスキャンもTVTestやTVRockでは手動で行わないと、放送が映らなくなったり、録画が出来なくなったりします。

※トランスポンダとは、BSの衛星送信機のチャンネル周波数編成の事。

それらの原因を調べていって、導入当初から最近に至るまで私が遭遇した症状と、その原因、解決した方法を共有したいと思います。

TVTestが映らない原因やTVRockで録画が出来ないのは何パターンか考えられます。
この記事ではその症状と原因ごとに解決方法を図解でわかりやすく解説しています。

目次

(症状 1) NHKBSプレミアムが急に映らなくなった。(BSジャパンも)

(症状 2) BSプレミアムとBSジャパンが急に録画出来なくなった。

(症状 3) TVTest.exeを実行してもTVが映らない。

(症状 4) TVRockで録画予約が出来ない。

(症状 5)TVRockで予約録画と違う番組が録画される。

(症状 6) TVRockで番組情報が取得出来ない。

それでは、まず「(症状の1つ目)NHKBSプレミアムが急に映らなくなった。」から見ていきましょう。



(症状 1 )
NHKBSプレミアムが急に映らなくなった。(BSジャパンも)

(原因 1 )
総務省が、2018年12月1日からのBSデジタル新4K8K衛生放送を実施するにあたり、周波数の空きがなかった為、既存のBS周波数帯域内で枠を作り、BSジャパンは2018/4/16、NHKBSプレミアムにおいては、2018/5/08にチャンネルの切替えを行った結果、TSIDやチャンネル番号TVRockH(CH)の変更があった。
(原因1の対処法)
対処法として、4点の修正が必要です。
BonDriver構成iniリストの変更

これから変更して行く訳ですが、念のためTVTest、TVTestフォルダのバックアップはしておいた方が良いと思います。これらを残しておくと、後でどこをどう直したかが分かりますし、最悪、元の状態に戻せますからね。

まず、BonDriver構成iniリストの変更です。

その前にiniリストって、どこにあるんだ?という人のために、ファイルの属性を表す拡張子の表示の仕方から、

左下隅のWindowsマークを右クリックすると、そこから上に向かってリストが出て来ると思いますが、その中のエクスプローラーを左クリックして下さい。

そうすると、このように出て来ていると思いますが、やや右上のファイル名拡張子にチェックを入れて下さい。これで、今のini拡張子が表示されると思います。


BonDriver PX W3PE S0.ini を開いて、NHK BSプレミアムを修正します。

CH011=BS15/TS2,0,11996000,0x40f2 を

CH011=BS3/TS1,0,11765840,0×4031 に変更します。

次に、BSジャパンを修正します。

CH004 = BS3/TS1,0,11765840,0×4031 を

CH004 = BS1/TS2,0,11727480,0×4012 に変更します。

変更する行の位置は、そのままで結構です。英数字だけ変えて下さい。
これをBSチューナーの数だけ変えて下さい。

一つ変えれば、ファイル自体をチューナー分の数だけコピーして、後で名前の変更で良いですね。中身は一緒ですから。

私の場合は、PX-W3PE分のBSチューナーがS0.ini,S1.ini の2つと、
PX-W3U3のBSチューナー分のS.ini の1つの計3つの構成ファイルを直しました。

②BonDriver PX W3PE S0.ch2 CH2ファイルのTSIDを下記のように変更して下さい。

CH2ファイルの設定変更です。
BonDriver PX W3PE S0.ch2 を開いて、赤字の所のTSIDのみ変えて下さい。

NHKBSプレミアム,0,10,3,,103,4,16626,1 と
NHKBSプレミアム,0,10,3,,104,4,16626,1 を

NHKBSプレミアム,0,10,3,,103,4,16433,1 に変えて下さい。
NHKBSプレミアム,0,10,3,,104,4,16433,1 に変えて下さい。

BSジャパン,0,3,7,,171,4,16433,1 と
BSジャパン2,0,3,7,,172,4,16433,0 と
BSジャパン3,0,3,7,,173,4,16433,0 を

BSジャパン,0,3,7,,171,4,16402,1 に変えて下さい。
BSジャパン2,0,3,7,,172,4,16402,0 に変えて下さい。
BSジャパン3,0,3,7,,173,4,16402,0 に変えて下さい。

③ch-bs.txt テキストドキュメントのTVRockH(CH) も変えて下さい。

NHKBSプレミアム 786186482 103 を

NHKBSプレミアム 771047473 103 に変えて下さい。

BSジャパン 771113009 171 を

BSジャパン 768557074 171 に変えて下さい。

④TvRock On TVTest.ini 構成ファイルのTSIDの16進と10進数を下記のように変更して下さい。

TvRock On TVTest.ini は、TVTest の Plugin の中にあります。

0x40f2=11996 を削除

0x4031=11766 を追加して下さい。

 

以上の修正で、NHKBSプレミアムとBSジャパンが映るようになります。

目次へ↑



BSジャパンとNHK BSプレミアムのトランスポンダ移行の新旧対比表です。


BS-1の所にBSジャパンを割り込ませ、BS-3のBSジャパンの空いた所に
NHK BSプレミアムを持って来たと言う事ですね。学校の席替え見たいな感じですね。

トランスポンダ移行新旧対比表
TP番号 中心周波数
(GHz)
備考
TSID TSID 利用チャンネル TVRockH(CH)
16進 10進
BS-1 11.72748 0x4010 16400 BS朝日 768557072
0x4011 16401 BS-TBS 768557073
0x4010 16400 BS朝日 768557072
0x4011 16401 BS-TBS 768557073
0x4012 16402 BSジャパン 768557074 追加
BS-3 11.76584
0x4030 16432 WOWOWプライム 771113008
0x4031 16433 BSジャパン 771113009
0x4030 16432 WOWOWプライム 771113008
0x4031 16433 NHK BSプレミアム 771047473 BSジャパンと入替

 

(参考)TVRockH(CH)の求め方

計算式=中心周波数(MHz)×65536+TSIDの値
中心周波数は、少数第二位止め(1MHz止めの意味、0.1MHz以下は切捨て)で計算する。ちなみに、GHzはギガヘルツで、1000MHzのことですから、11.76584GHzは11765.84MHzになり、1Mhz止めで11765MHzとなる訳です。

NHK BSプレミアム=11.765×1000×65536+16433=771047473

BSジャパン=11.727×1000×65536+16402=768557074  となります。

目次へ↑

(症状 2)
BSプレミアムとBSジャパンが急に録画出来なくなった。

(原因 2)
NHKBSプレミアムが急に映らなくなった原因 1と同じです。
(原因2の対処法)
TVRockの設定を下記のように修正します。

TVRockについては、設定→チューナーから

NHKBSプレミアム のチャンネル 786186482 103 を

NHKBSプレミアム のチャンネル 771047473 103 に変えて下さい。

BSジャパン のチャンネル 771113009 171 を

BSジャパンのチャンネル 768557074 171 に変えて下さい。

これを、BSチューナー分だけ全部変更して下さい。

私の場合、3、4、7、8チューナーをBSに充てていますので、4回同じ事を繰り返して変更しております。

 

 

以上の修正で、NHKBSプレミアムとBSジャパンの録画が出来るようになります。

目次へ↑



(症状 3 )
TVTest.exe を実行してもTVが映らない。

取り敢えず、10個位の原因と対処法を列挙します。

(原因3-1)
TVTest_0.7.23 (x86版) を使用の方は、Windows 7 SP1用プラットフォーム更新プログラム (KB2670838)を当てるとTVTestが映らなくなります。
(原因3-1の対処法)
修正パッチを当ててください。
(映らない原因3-2)
PLEX内蔵カードリーダーを使用しているのにBonDriver.ini構成リストに[M2]記述が無い。
(原因3-2の対処法)
地デジ、BS/CS 放送用のチャンネル定義ファィルに[M2]
M2_Dec=1を記述

BonDriver_PX_W3U3_T.ini

BonDriver_PX_W3U3_S.ini に

[M2]
M2_Dec=1

この記述をコピペして下さい。

 

カードリーダーを外付けにしている人は、この記述は不要です。

また、TVTestのカードリーダ(E)は、なし(スクランブル解除しない)に設定して下さい。

 

目次へ↑



(映らない原因3-3)
アンテナ入力がケーブルテレビで、地デジのチャンネルがUHFとCATVの両方にある場合、TvRockOnTVTest.iniの構成リストがケーブルテレビ用に変更されていない。

この設定を有効にしないと、ケーブルテレビでは絶対に映りません。

(原因3-3の対処法)
TvRockOnTVTest.iniの構成リストのチューニング空間のインテックスを2つ直接指定します。設定を有効にする場合、地デジチューナー分の各設定の先頭の ; を削除すれば良い

私は、これで一週間悩み続けましたが、これで嘘のように解決しました。

;;TerrestrialIndex=0     ;TerrestrialIndex=0  又は、TerrestrialIndex=0

;;TerrestrialIndex2=1   ;TerrestrialIndex2=1 又は、TerrestrialIndex2=1

このTvRockOnTvTest.iniファイルの詳細は、下記にその全容を記載しております。

ケーブルテレビでUHF、CATV局の2つある場合のTVTEST設定

目次へ↑

(映らない原因3-4)
Microsoft DTVデコーダを使用する場合、それに対するバグが修正されていない。 
(原因3-4の対処法)
TVTest_0.7.23fix.patchをTVTest.exeに当てて下さい。

日付が2013/02/28 11:00になればパッチ適用終了です。

具体的には、

こちらから TVTest 0.7.23fix をダウンロードして、解凍します。

その中にある2つのファイルを¥TVTest フォルダにコピーして、
TVTest 0.7.23fix.exeをクリックして実行して下さい。

TVTest.exeの日付が、2013/02/28 11:00 になれば、適用終了です。

目次へ↑

(映らない原因3-5)
単純な話ですが、PX-W3PEの内蔵B-CASカードリーダーの差し込みストロークが元々浅く、接触不良を起こしやすい。
(原因3-5の対処法)
最終的にB-CASカードの差し込み状況をしっかり確認する事

私も2回ほどこれで録画失敗した事があり、その原因に気が付くまで数時間かかった事がありました。これが、結構あるんですよ。

(映らない原因3-6)
再生アプリケーションと、チューナードライバの不適合
(原因3-6の対処法)
再生アプリケーションで、Windows Media Centerを使用する場合は、PBDAドライバそれ以外のアプリケーションを使用する場合は、BDAドライバとなります。 

PBDA、BDAの両方をインストール出来ませんので、使用するアプリを決めてからどちらかのドライバを選んでインストールして下さい。

PBDA⇔BDAを変更する場合について

PBDA/BDA Driverの両方をPCへインストールすることは出来ません。必ずアンインストーラを使用し、削除してから変更して下さい。

BDA Driverアンインストール用のバッチファイルは、場合はこんな感じで入ってます。

PBDA Driverアンインストール用のバッチファイルは、場合はこんな感じで入ってます。

再生アプリは、MPC-BEがオススメです。TSファイル再生がスムーズに出来ます。
後は、OS(32bit/64bit)に合わせて
PBDA_driver_32 、PBDA_driver_64 或いは
BDA_driver_32 、BDA_driver_64 を選択します。

目次へ↑

(映らない原因3-7)
必要なランタイムがインストールされていない。
(原因3-7の対処法)
TVTest等DTV関係の各種ソフトを使用するには各種ランタイムが必要です。 

下記内容は、PX-W3PE@ウィキより引用させて頂きました。

Microsoft Visual C++ 2005 SP1 再頒布可能パッケージ(x86)
Microsoft Visual C++ 2005 SP1 再頒布可能パッケージ(x64)
Microsoft Visual C++ 2005 Service Pack 1 再頒布可能パッケージ ATL のセキュリティ更新プログラム※同一ページにx86x64両方ありIA64のものは不要
Microsoft Visual C++ 2005 Service Pack 1 再頒布可能パッケージ MFC のセキュリティ更新プログラム
Microsoft Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージ(x86)
Microsoft Visual C++ 2008 SP1 再頒布可能パッケージ(x64)
Microsoft Visual C++ 2008 Service Pack 1 再頒布可能パッケージ ATL のセキュリティ更新プログラム※同一ページにx86x64両方ありIA64のものは不要
Microsoft Visual C++ 2010 SP1 再頒布可能パッケージ (x86)
Microsoft Visual C++ 2010 SP1 再頒布可能パッケージ (x64)

※32bit環境の人は(x64)は不要です
※64bit環境の人は(x86)を使用したソフトも使う可能性があるので、(x86)(x64)両方インストールしておきましょう
※上記はTVTestのみでなく、TvRock、EpgDataCap_Bon、Spinel、BonCasLink等すべてに対応できるランタイムリストです
自分が必要なソフトとランタイムを把握している場合、すべてをインストールする必要はありません
※必要のないランタイムをインストールしてしまっても問題ありません
つまり、よく分からない場合は全てインストールして問題ありません

この他にMicrosoft .NET FrameWorkも必要となることがあるので、WindowsUpdateでインストールを済ませておきましょう
以上で下準備は完了です。

出典:PX-W3PE@ウィキ



目次へ↑

(映らない原因3-8)
アンテナブースターやケーブルテレビ(CATV)からの信号が強すぎると受信不良の原因になります。
(原因3-8の対処法)
ドライバーに付属しているid=”jump”感度調整ツールで信号増幅チップをコントロールする。

下記内容は、PX-W3PE@ウィキより引用させて頂きました。

ドライバインストール直後、地デジ感度調整の初期設定は、オートモード(自動調整)の状態になっている。

出典:PX-W3PE@ウィキ

感度調整ツール

感度調整ツールについて

感度調整ツールはドライバファイルと同列にあるUtilityの中にあります。

 

 

このツールはPX-W3PEに内蔵された地上波デジタル用信号増幅コントローラの設定を行うためのものです。

地デジのシグナルは環境により変化します。ご使用環境にあわせてご自身で調整されることをお勧め致します。

下記内容は、PX-W3PE@ウィキより引用させて頂きました。

□同梱内容

readme.txt
ISDB-T_LNA_Auto_Mode.reg

ISDB-T_LNA_Manual_Mode_Amplifier .reg

ISDB-T_LNA_Manual_Mode_Attenuation.reg

ISDB-T_LNA_Manual_Mode_ByPass.reg

readme.txt内容

□概要

PX-W3PEを使用中に本体内蔵の信号増幅チップをコントロールする。

□使用方法

ISDB-T_LNA_Auto_Mode.reg 実行                           → 自動調整

ISDB-T_LNA_Manual_Mode_Amplifier.reg 実行     →規定値分増幅する

ISDB-T_LNA_Manual_Mode_Attenuation.reg 実行 →規定値分減衰する

ISDB-T_LNA_Manual_Mode_ByPass.reg 実行        → チップ無効

出典:PX-W3PE@ウィキ

 

下記内容は、PX-W3PE@ウィキより引用させて頂きました。

□詳細

レジストリにキーを登録しています。即時に反映され、再起動は不要です。

電波が強い区域(強電界地域)では、アッテネータモードを御利用下さい。

電波が弱い区域(弱電界地域)では、アンプモードを御利用下さい。

その他、ご自身で環境を構築している場合は、バイパスモードを御利用下さい。

出典:PX-W3PE@ウィキ

どうしても上手く行かない時は、アナログチックに市販のアッテネータ(減衰器)を取り付けて調整してみて下さい。

目次へ↑



(映らない原因3-9)

お使いのデバイス(PX-W3PE4とかPX-Q3PE4など)が、
①パソコンに認識されていない。
②そのチューナで、既に他の番組を見ている場合は、エラーが返されます。

おそらく、下のようなBonDriverの初期化ができません。」
チューナを開けません。
BonDriverにチューナを開くように要求しましたがエラーが返されました。
というエラーメッセージが出ていると思います。

(原因3-9の対処法①)

お使いのデバイスがパソコンに認識されているかどうかを確かめて下さい。

調べる方法は、

 

を右クリックしてプロパティを開くと、システムが表示されます。

次に、デバイスマネージャーを左クリックします。

サウンド、ビデオ、およびケームコントローラーの所で、スピーカーマークのをクリックして下さい。

 

そうすると、下記のように各デバイスが認識されていれば表示されますので、確認して下さい。

 

もし、デバイスマネージャーの中にお使いのデバイスが表示されないか、注意マークが表示されている場合は、ドライバーを一旦アンインストールして、再度インストールし直して下さい。

アンインストール用のバッチファイルは、ダウンロードした中に入っています。

Unstall_Driver.bat をクリックして実行します。(プラグインもアンインストールされます。)

再度、Install_Driver.batを使って、ドライバをインストールします。(プラグインも自動でインストールされます。)

それから、再度先ほどのデバイスマネージャーを確認して下さい。ちゃんと認識されていると思います。

更に、PX-W3U3やW3U4のようなUSB外付けタイプは、特徴として良く認識不良を起こします。

電源アダプタを一旦抜くか、USBプラグを抜き差しすると復活します。

(原因3-9の対処法②)

簡単すぎて答えになりませんが、チューナ使用がダブっているので、別の空いているチューナを使用して下さい。

目次へ↑

(映らない原因3-10)

TVTestのBonDriverの検索フォルダの指定場所と、実際のディレクトリが違っている。

例えば、TVTest_0.7.23の中の、TVTest.iniのDriverDirectoryを確認して下さい。
ドライバーの格納場所が、相違しているとチャンネルスキャンも出来ませんし、視聴も出来ません。

ドライバーの格納場所を何かの拍子で移動させた場合、TVTest起動と連携していないので、ドライバーが見つからずチャンネルスキャンや、視聴ができない事例です。
うっかりすると原因が分からず、深みにはまることになります。

 

(原因3-10の対処法)

TVTestを起動して、設定を開きBonDriverの検索フォルダを指定し直して下さい。(要TVTest再起動)

右上の・・・をクリックしてBonDriverの参照先を指定してください。

BonDriverの検索フォルダの場所さえ一致すれば、これで完了です。
普通は、このBonDriverの検索フォルダの場所をこの設定欄で指定しますから、TVTest.iniファイルのBonDriverディレクトリは気にしないのですが、人のやることですから、このようなことも起こり得るということですね。

目次へ↑



(症状 4) TVRockで録画予約出来ない。

TVTestでテレビは映り、同時録画出来るがTVRockで予約録画が出来ない。

(原因 4)
TVRockの設定を開いて、実行アプリでTVTest.exe を指定しているか確認、その上でオプションのBonDriverの記述で、アンダーバーが入ってないとダメです。 

たった、これだけの事で上手く行きません。

(対処法 4)
TVRockの設定を開いて、オプションのBonDriverの記述で、アンダーバーをきちんと表記して下さい。

/d BonDriver_PX_W3PE_T0.dll /DID A

目次へ↑

(症状 5)TVRockで予約番組と違う番組が録画される

(原因 5)
予約番組と違う番組が録画されてしまう原因は、
TVTestの中のPluginsに入れたTvRockOnTVTest.ini という設定ファイルの地デジとBS/CSチューナーのターゲット設定違いが大きな原因です。
②単純にTvRockのチャンネル設定数値の誤り

例えば下表のように、TvRockの設定とTvRockONTVTestの設定が違っていた場合、

DTV
ターゲット
チューナー 判定 TvRock設定 TvRockONTVTest
設定の並び
[DID_A] T1 地デジ 地デジ
[DID_B] T2 × 地デジ BS/CS
[DID_C] T3 × BS/CS 地デジ
[DID_D] T4 BS/CS BS/CS
[DID_E] T5 地デジ 地デジ
[DID_F] T6 × 地デジ BS/CS
[DID_G] T7 × BS/CS 地デジ
[DID_H] T8 BS/CS BS/CS

チューナーT1、T4、T5、T8は、TvRockの設定とTvRockONTVTestの設定が一致するので、指定した放送局で予約録画出来ますが、チューナーT2、T3、T6、T7は、各々の設定が一致しないので、予約番組が指定通り録画出来ません。


これは、最終的にはTvRockの設定が優先されるため、TvTestとTvRockの橋渡しをするTvRockONTVTest設定が無視されて起る現象です。

(原因5の①対処法)

TvRockの設定は、そのままにして下表のようにTvRockONTVTestのDTVターゲット名のみ変えて下さい。この例の場合、DTVターゲットの DID A、B、E、Fが地デジに対応し、DID C、D、G、HがBS/CSに対応しています。

TvRockONTVTest設定ファイルリストの並びは、地デジ、BS/CSの繰り返しで並んでいるので、DTVターゲットのアルファベットだけ書き換えれば、修正出来て、TvRockの設定と同じになります。

 

DTV
ターゲット
チューナー 判定 TvRock設定 TvRockONTVTest
設定
[DID_A] T1 地デジ 地デジ
[DID_C] T3 BS/CS BS/CS
[DID_B] T2 地デジ 地デジ
[DID_D] T4 BS/CS BS/CS
[DID_E] T5 地デジ 地デジ
[DID_G] T7 BS/CS BS/CS
[DID_F] T6 地デジ 地デジ
[DID_H] T8 BS/CS BS/CS

上の表のDTVターゲットをアルファベット順に並び換えると、
TvRockの設定と、TvRockONTVTestの設定が合致して、修正された事が分かると思います。

DTV
ターゲット
チューナー 判定 TvRock設定 TvRockONTVTest
設定
[DID_A] T1 地デジ 地デジ
[DID_B] T2 地デジ 地デジ
[DID_C] T3 BS/CS BS/CS
[DID_D] T4 BS/CS BS/CS
[DID_E] T5 地デジ 地デジ
[DID_F] T6 地デジ 地デジ
[DID_G] T7 BS/CS BS/CS
[DID_H] T8 BS/CS BS/CS

TvRockOnTvTest.iniファイルのアルファベットの順番を、DID_A、DID_C・・・に変えるだけです。

 

TvRockの設定とTvTestのPluginsの中に入れるTvRockONTVTestは、別々にファイル操作をするため、中々気がつきにくいですが、一度二つの設定を良く見比べて、相違があれば修正して下さい。これを、案外見落としている事が多いです。



(原因5の②対処法)

TvRockのチャンネル設定で、チャンネル番号とサービス番号に相違がないか全チューナー分をチェックしてみて下さい。
チェック対象元ファイルは、TvTestの中にあるチャンネルリストファイルch-ts.txt と、ch-bs.txt です。

例えば、NHK 総合・神戸 なら、32がチャンネル番号、43008がサービス番号です。

BS/CSで、NHK BS1なら、786186481がチャンネル番号、101がサービス番号です。BS/CSのチャンネル番号の桁数が多いですが、一つ一つ確認して下さい。

TvTestやTvRockの設定は、自動で一発で出来るものではなく、こうやって地道に泥臭くやらなければなりません。

目次へ↑



(症状 6)TVRockで番組情報が取得出来ない。

番組情報を取得してくれない。
これも悩み深い問題です。

(原因 6)
①番組情報の取得レベルが低い
②TVRockの設定不良
(原因 6の①対処法)
TVRockの設定を右クリックして、「インテリジェント」→「おまかせ番組情報取得」から、取得レベルを2以上の頻度に上げる。

これにより、直前の放送変更にも対応可能となります。

(原因 6の②対処法)
①設定→インテリジェントタグで、TVRock番組表を起動するにチェックを入れる。
②番組表サイトとして下記アドレスを記載する。
③TVRockサーバーから情報を受け取るにチェックは入れない。

http://localhost:8969/○○○○○○/

アカウント及びユーザー名には、○○○○○○-PCのハィフォン以下は付けず、名前だけ記載して下さい。

④これらの項目を設定し、※TVRockを再起動する事で初めてTVRockは、ポートにアクセスを開始します。
この作業を行ってから、ファイヤーウォールにアクセス許可を与えて、ようやくブラウザで番組表の取得が可能となります。

※TVRockの再起動と言っても難しい事では、ありません。一旦、TVRockを終了させて、又、起動させるだけの事です。

①TVRockアイコンを右クリックして一番下のTVRockの終了をして下さい。

TVRockのアイコンがないという方は、画面下のタスクバーの空いた所を右クリックして、タスクマネージャー → プロセス又は、詳細タグからTVRock.exeを右クリックして、タスクの終了をクリックしたら、プログラムは終了します。

②それからTVRock.exeをクリックして起動します。

WEBブラウザを起動して、下記のアドレスを入力して下さい。

http://localhost:8969/○○○○○○/nobody

すぐに、番組情報を取得する場合は 

TVRockアイコン右クリック→インテリジェント→番組情報取得から
地上波全チェック、BS全チェック、CS全チェックをそれぞれクリックして、記憶するもクリックして、開始をクリックすると番組情報を徐々に取得して行きます。大体30分位かかると思います。
深夜は取得出来ないとか言わ
れますが、取得できます。

それと、どうしても番組情報が取得出来ないチャンネルがたまに出て来る時がありますが、その時の裏技としてTVTestを起動して、その放送を5分くらい観るとその番組情報が取得出来ます。しばらく、つけっぱなしにしていれば、必ず取得出来ます。

目次へ↑

最後に

TVTestとTVRockは、非常に優れたアプリケーションであり、使いこなせればこれ以上のものはないと感じます。

私も、このアプリにお世話になってから丸7年が経ちましたが、リアルタイムでテレビを見る事がなくなりました。

録画した番組は、CMを飛ばして見ますから、時短になりますよね。
良いアプリだと思います。CMカットの出来るアプリもありますが、そこまでするほどでもないので、やってはいません。

1時間番組でも、ハイビジョンで録画すると6~7GBになり、録画を貯めて行くと結構な容量のHDDが必要となって来ます。私は、2TBの内蔵HDDを使っていますが、外付け2TBでもコンパクトになりましたね。

しかし、反面気難しい所もあり、全自動で一ヶ所いじれば全体が修正されるというものではなく、この記事のようにコツコツと修正する必要があります。
こんな事で映らなかったのかとか、録画が出来なかったのかと言う事が多々あるのが、このアプリの特徴です。

チャンネルスキャンしてもTVRockのチャネル設定は何一つ変わらず、4チューナーなり8チューナー分を、一つ一つ直接入力しながら直したものです。

でも、諦めないで下さい。

上手く映った時や予約録画が予定時刻通りに始まり、終了した時の感動は導入した人にしか分からないものです。
設定が上手くいってTVTestが映り、嬉しくて8ch分のTV放送を開いて、何が何だか分からないけど、その画面を見て満悦したものです。

TVTestが映らず、TVRockの予約録画が上手く行かず、このブログに来て下さる方のために、私の知り得る範囲で精一杯書かせて頂きました。
間違いもあるかも知れませんが、その時はご容赦下さい。
しかし、この記事が少しでもお役に立てば幸いです。

後で、また思い出した点があれば更新したいと思います。

最後までご覧頂きありがとうございました。

目次へ↑

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*