Windows10のコントロールパネルの開き方!ショートカットキーで一発起動

Windows7まで、「コントロールパネル」は簡単に呼び出せて使えたのですが、Windows10ではその役割をWindowsの設定にシフトしています。

しかし、今でも「コントロールパネル」を使用したいこともあるので、その簡単な開き方と、「デスクトップ」にアイコンを設置したり、「スタートパネル」や「タスクバー」にピン留めをしたり、「スタートパネル」に「コントロールパネル」の「タイル」を置いたり、外したりする方法を簡単にお伝えします。



コントロールパネルの開き方

3つの方法を、お伝えします。お好きな方法でどうぞ。

①ショートカットキーを利用する方法

この方法が、オススメです。

Windows スタートキーPauseキー」で、システムを開き、「すべてのコントロールパネル項目」をクリックして下さい、

 

 

「すべてのコントロールパネル項目」が開きます。

 

「Windowsスタート」からの方法

  1. Windowsスタート」をクリック。
  2. Wの行まで行って、「Windowsシステムツール」をクリック。
  3. Control Panel」をクリック。Wの行までスクロールして行くのが面倒ですが。

③検索窓からの方法

検索窓に「con」と入力して「コントロールパネル」を呼び出します。

 

これで「コントロールパネル」の起動に迷うことは無いですよね。

でも、いつも使う「コントロールパネル」を、いちいちこのような方法で

動するのは、面倒ですよね?

そこで、今度はデスクトップに「コントロールパネル」のアイコンを作る

法を紹介します!

 

デスクトップにコントロールパネルアイコンを作る方法

この方法が、Windows10でのオーソドックスな方法になると思いますが、工数の多さは辟易しますね。

①「Windowsスタート」をクリック。

 

②「個人用設定」をクリック。

「個人用設定」は、背景、テーマなどを設定する所です。

③「テーマ」をクリック。

この画面では、私の設定で背景は無効になっていると表示されていますが、本項とは無関係です。

④「デスクトップアイコンの設定」をクリック。

ここから、ようやく「デスクトップアイコンの設定」に入れます。

 

⑤「コントロールパネル」のボックスにチェツクを入れる。

Windows7時代のレガシーボックスが出て来ました。

「コントロールボックス」にチェックを入れます。アイコンの変更も可能ですが、
「コントロールパネル」のアイコンは1つしかありません。
もし、変えたい場合はネット上などから拾ってくるしかないですね。

 

⑥適用→OK

これで、「デスクトップ」に「コントロールパネル」のアイコンが置かれます。

 

先ほどは、デスクトップにアイコンを設置するやり方をお伝えしましたが、今度は「スタートパネル」に「コントロールパネル」のタイルを設置する方法をお伝えします。

スタートパネルにコントロールパネルのタイルを設置する方法

これも「Windowsスタート」からの方法です。



  1. Windowsスタート」をクリック。
  2. Wの行まで行って、「Windowsシステムツール」をクリック。
  3. Control Panel」を右クリック
  4. スタートにピン留めする」をクリック。

 

これで、「スタートパネル」に「コントロールパネル」のタイルが置けます。

 

 

次に、「スタートパネル」に「コントロールパネル」のタイル設置の必要がなくなった時の外し方です。

スタートパネルからコントロールパネルタイルの外し方

一旦、「スタートパネル」に置いた「コントロールパネル」を外す方法。

  1. Control Panel」のタイルを右クリック
  2. スタートからピン留めを外す」をクリック。
    これでスタートからコントロールパネルのタイルが外れます。

 

更に、タスクバーにコントロールパネルをピン留めする方法を2種類お伝えします。

タスクバーにコントロールパネルをピン留めする方法

「タスクバー」にあれば、1クリックで開きますから良いですよね。

①「Windowsスタート」からの方法

  1. Windowsスタート」をクリック。
  2. Wの行まで行って、「Windowsシステムツール」をクリック。
  3. Control Panel」を右クリック
  4. その他」をクリック。
  5. タスクバーにピン留めをする」をクリック。
    「タスクバー」に「コントロールパネル」がピン留めされた。

 

②スタートパネルに「コントロールパネル」のタイルがある時の方法

スタートパネルにコントロールパネルがあれば、この方法でも出来ます。

  1. コントロールパネルタイル」を右クリック
  2. その他」をクリック。
  3. タスクバーにピン留めをする」をクリック。
    「タスクバー」に「コントロールパネル」がピン留めされた。

 

[おまけ]

「デスクトップ」に「コンピューター」のアイコンを設置する

この方法も、コントロールパネルのアイコン表示と同じです。

例えば、

  1. Windowsスタート」をクリック。
  2. 個人用設定」をクリック。
  3. テーマ」をクリック。
  4. デスクトップアイコンの設定」をクリック。
  5. コンピューターのボックス」にチェツクを入れる
  6. 適用→OK

 

これで、「デスクトップ」に「コンピューター」のアイコンが置かれます。

まとめ

Windows10になってから、「コントロールパネル」の開き方と、設定の方法は、7時代と大きく変化して来ました。

10ではレガシーシステムとして今でも「コントロールパネル」を残していますが、いずれ大きく形を変えて来るかも知れません。

又、変化があった時にお伝えしたいと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*