Windows10 デジタルライセンス再認証に必要なこと

つい最近、6年間使い続けて来た自作パソコン1号機を更新しました。
更新した理由は、グラフィック性能で、さすがにオンボードのインテルHDグラフィックス4000ではしんどく、以前からグラボ搭載ATX化は念願でした。

しかし、CPUはi7-3770S、メモリもDDR3 16GB、OSストレージの120GB SSD、2TB HDD2台、PX-W3PE、PX-W3U3はそのまま流用してMINI-ITXからATXボードに組み換えました。

2台目ATXマザーP8H77-V  パソコン

GT 1030グラボと、PX-W3PEを挿してます。さすがATX余裕です。
正面にスモークガラスをはめます。

1台目MINI-ITX P8H77-I  パソコン残骸



私のように、CPU、OSストレージをそのままにしても、マザーボードを交換したとなると、大きな変更となり違ったパソコンと認識され、認証されていない状態になります。

その場合、windows10のライセンス切れとなり、使えなくなりますが組み換え前にMicrosoftアカウントでサインインする方法に切り替えておくと再認証が可能となります。

その方法は

  1. サインインをローカルアカウントからMicrosoftアカウントでサインインに変更しておく(PINは覚えやすい数字で設定しておいた方が後から楽だと思います。)
  2. 更新とセキュリティを選択
  3. 設定からライセンス認証を選択
  4. トラブルシューティングをクリック
  5. このデバイス上のハードウェアを最近変更しましたにチェック
  6. アクティブ化をクリック

上手く行くと、ここで認証OKなのですが、私の場合、ここでトラブル発生。
サーバーが休止しているため、デジタル認証ができません。しばらく経ってから実行して下さいとか何とか、何回やってもダメでした。
要するに、お前は胡散臭い、ダメだと言う事なので

そこで、プロダクトキーを変更しますを選択し、元々あったWindows7のプロダクトキーを入力したら、一発で再認証されました。

でもWindows7とか8からの無償アップグレードのプロダクトキーでは、それぞれのデバイスで異なるプロダクトキーにはなってないようで、いくつかのキーを共通で使っているようです。

私もフリーソフトで調べたら入力したキーと全然違うキーが表示されました。Microsoftさんのやる事は、我々には分かりません。
キモかったですけど、まあ認証されているので良しとしますが。



プロダクトキーの確認

プロダクトキーを調べる方法は、windows10にあるPowerShellを起動して、次のコマンドを実行するか、Windows Product Key Viewer v1.07(フリーソフト)で確認出来ます。

PowerShell の場合、次のコマンドをコピーして貼り付けEnter

wmic path SoftwareLicensingService get OA3xOriginalProductKey

7とか8とかの無償アップグレードや、自作PCのようにOSのパッケージを購入してインストしているような場合は、表示されないようです。
私の場合も、PowerShellでは表示不可能でしたが、Windows Product Key Viewer v1.07では可能でした。

フリーソフトを使う場合は

Windows Product Key Viewer v1.07(RJL Software)

Compressed .ZIP Fileか、Self-Extracting EXE fileを自己展開ファイルでそれぞれダウンロード出来ます。

大改造の前に、確認しておいた方がよろしいかと思います。

元々、MicrosoftアカウントでOSを紐付けしていた為、Microsoftアカウントでリンクされたデジタルライセンスによってライセンス認証されています、となっています。

Office2010の再認証について

これも、やはり再認証について確認して来ました。そうしないと、2日後に使えなくなりますと警告されました。

これは、更新ボタンを押すだけで難なく行けてます、10秒でOKでした。

再認証に必要な事は、以上でした。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*