スマホをwebカメラ化するアプリ「iVcam」最新情報の紹介

新型コロナウイルスの影響で、在宅勤務を余儀なくされている方も多いことと思います。

そうした影響で、ビデオ会議に使用するwebカメラやマイクの需要が高まり、量販店やネット上でも品切れする商品もあるようです。

webカメラがなかったらビデオ会議が出来ないか、そんなことはありません。

皆さんはスマホは持っていますよね。

これに「iVcam」という無料アプリをPCとスマホにインストールすれば、webカメラの代わりに十分なります。

そこで、この記事では「iVcam」のインストールから接続の仕方まで、最新情報を詳しく解説したいと思います。



インストール

iVcamを使うには、まずパソコンとスマホにアプリをインストールする必要があります。
まず、PCへのインストールからです。

PCへのインストール

iVcamのインストールは、E2ESOFTのサイトからダウンロードします。

Windows版はX64が64bit版で、X86が32bit版になります。

自分のPCのbit数の調べ方

いくつか方法がありますが、取り敢えず一般的な方法です。

①画面左下隅の「Windowsマーク」から「設定」をクリック

②システムをクリックします。

③左一番下の「バージョン情報」をクリックします。

④システムの種類欄にあなたのPCのbit数が書いてあります。

こちらのサイトからダウンロードして、インストールして下さい。

iVcamダウンロードサイト

 

セットアップ言語を選びますが、最初から日本語になっています。

 

インストール先の指定ですが、デフォルトでProgram Filesになっていますから、そのままでOKです。

 

プログラムアイコンを作成する場所の指定ですが、これもそのままでOKです。

 

デスクトップ上にiVcamのアイコンを作るのと、インストール後にプログラムを起動するかの選択をします。

どちらにも最初からチェックが入っているので、そのままでOKです。

 

インストールする準備が出来ましたと、表示されるのでインストール開始します。

 

インストール状況です。

 

セットアップ完了です。

 

アプリ起動後に、モバイルアプリのダウンロード要請画面が表示されます。

続いて、スマホへのインストールです。

スマホへのインストール

Androidはver4.4以上iOSは、9.0以降が必要です。

使い方

PCとスマホにインストールしたら、特に設定なくすぐに使えます。

接続

インストール後に、すぐに接続先PCを探して、接続要求して来ます。

接続は、無線でもUSB有線でもどちらでもOKですが、特に問題がなければ無線で良いと思います。

USB接続する場合は、Androidスマホの場合は「設定」から「開発者向けオプション」の中の「USBデバッグ」をONにする必要があります。

「設定」に「開発者向けオプション」がないという人は、「設定」→「端末情報」→「ソフトウェア情報」→「ビルド番号」を連続タップすると「開発者モードが有効」になります。

今の順番は、Galaxy S8の場合でしたが、何れにせよ「ビルド番号」を連続タップするということです。

 

スマホ側の再生ボタンを押せば即つながり、PCに再生画面フレームが出現します。

 

 

使った感想

私は、ワイヤレスで繋ぎましたが、遅延は音声も画像も少しありますね。

しかし、スマホスタンドで固定して、ちょっとしたミーティングなどするのには、問題ない範囲だと思います。

注意点

試用期間(僅か1日?)を過ぎると色んな制限が出て来ます。

画面サイズ、画質、音質に制約あり

  • 画面サイズが640×480のみになります。
  • 又、ビデオフレームレート(FPS)が15と多少カクつき、ビデオ画質もロー、オーディオ音質もローになってしまいます。
  • アップグレード有料版は、💲9.99 です。4/18現在相場で¥1070円位ですね。
    これを購入すれば、ビデオサイズも最大3840×2140、ビデオフレームレートFPSも60とカクつきは全くなくなり、画質もHiと高画質、オーディオ音質もHiの高音質設定が可能になります。

無料版の実際の画像と、設定窓の状態です。

 

これ位の解像度で拡大しなければ、問題ないように思えますが、どうでしょうか。

カメラ撮影画像

インカメラとアウトカメラの切替が出来ますが、インカメラで撮影すると画像が反転します。

例えば、時計が裏向き表示されます。

鏡に写した時の画像ですね。

ビデオ通話する時は、このインカメラを使うのが一般的と言われますが、私は違和感があります。

 

アウトカメラだと、表裏の逆転はないです。

私は、こっちの方が違和感は、ありません。

 

しかし、結論を言いますとインカメラ、アウトカメラのどちらで撮っても「カメラの設定」で鏡面切替と、上下反転が1クリックで出来ます。

【インカメラ、アウトカメラ切替】

ボタン一つで、カメラの切替が出来ます。

【水平ミラーリング】

鏡に映した時と同じ画像か、見たままの画像への切替ボタンです。

【画像上下反転】

画像の上下が反転します。

【ライト点灯ON、OFF】

スマホライトのON、OFFスイッチです。

必要なもの

ご想像の通り、スマホスタンドはあった方が良いでしょうね。

高さと、角度調節が出来るものが良いですね。

例えば、こんな感じのものです。

スマホの重みで、傾斜や高さが変わらないような製品が良いと思います。

高さや角度が合えば、ワイヤレス充電器Qiを使っても良いですね。

まとめ

今後もしばらくは、テレワークの必要性が続き、ビデオ通話や会議の機会が増えると思います。

これに、多人数ビデオ通話アプリ(ZoomやWhereby)を使って、テレビ会議やちょっとしたミーティングに使えるスマホwebカメラは、この混乱した世の中で有効なのではないでしょうか。