PX-Q3PE4のTS抜きを徹底レビュー!その魅力と注意点をチェック

先にPX-MLT5PE徹底レビュー!その魅力と注意点をチェックで、それを買うとするならば、対案として、このPX-Q3PE4が買いだと結論付けました。

しかし、実際にPX-Q3PE4購入するとなると、「自分の環境でちゃんと使えるだろうか?」とか「どんなことに注意すれば良いんだろうか?」「どうしたら使えるようになるのだろうか?」など、いろいろと気になることもあるかと思います。

そこで、『パソコンオタクで、録画オタクなこの私が本当に買うとすれば何に注目するのか?』という視点で、その魅力や注意点をご紹介すると共に、初心者の方にも分かり易いように、簡単な導入説明もさせて頂くことにしました。

できるだけ実際に使う時の状況なども踏まえた実践的なレビューをお届けしますので、ぜひ!ご参照ください。

 

PLEX 地上波デジタル・BS/CS対応TVチューナー PX-Q3PE4

PLEX 地上波デジタル・BS/CS対応TVチューナー PX-Q3PE4

上の画像をクリックすると、Amazonの商品ページに移動します。

 

まずはPX-Q3PE4の基本的な仕様をご紹介しておきましょう。

仕     様

項目 規格 細別
対応OS Windows10、8.1、7 64bit/32bit
動作環境 最低動作環境 Intel Core2Duo 2.2GHz以上、メモリ2GB
推奨動作環境 Intel Core i3以上、メモリ4GB
チューナー 地上デジタル放送 4
BS/CSデジタル放送 4
インターフェイス PCI-EXPRESS+内部USB端子
推奨視聴・録画ソフト 付属しておりません
※2オートアッテネーション なし
接触型カードリーダー 内蔵
電源 PCI-EXPRESS
サイズ 145×55×19 (mm)
付属品 ロープロファイルブラケット、データ転送用ケーブル

※1オートアッテネーションとは、PX-W3PEなどに実装されていた感度調整チップの事です。



8チューナってCPU、メモリ、グラフィックをどれ位使うの?

「自分の環境でちゃんと使えるだろうか?」と言う疑問にお答えするために、TVTestを私の環境下でのCPU、グラフィックの使用率の変化率と、実際のメモリの使用量と増加率を示します。GPUは、ローエンドのGT1030を使用しています。

区分 無負荷 4チューナ負荷時 8チューナ負荷時
CPU 10% 24% 41%
メモリ 4.9GB 5.1GB 5.3GB
GPU 3D 4% 62% 96%
GPU Video Decode 0% 17% 30%

①CPU TVTest無負荷

CPU使用率10%、速度は 1.63GHzです。

 

②CPU TVTest 地デジ4チューナ負荷時

CPU使用率24%、速度は1.58GHzで余裕です。

 

③CPU TVTest 8チューナフル負荷時

CPU使用率が 45%、速度も2.17GHzに上昇しましたが、まだまだ余裕です。

 

④メモリ TVTest無負荷時

他のアプリも使っているので4.9GBです。

 

⑤メモリ TVTest地デジ4チューナ負荷時

5.1GBと少し上昇しました。

 

⑥メモリ TVTest 8チューナフル負荷時

5.3GBと4チューナの時より少し上昇しましたが、メモリの使用量は劇的に増加しません。

 

⑦GPU使用率8チューナフル負荷時

CPU使用率は、8チューナフル負荷で45%ですから、まだまだ余裕ですね。PassMarkScoreで性能比較すると、私のPCのCPU i7-3770Sは、4コア8スレッドで8892、今の第8世代CPUのi3-8300が、4コア4スレッドで8654ですし、 最低動作環境がCore2Duo 2.2GHz以上ですから、第2世代のSandy Bridge(Score 6000前後)でも十分使えるのではないでしょうか。

メモリは、皆さんの使用環境にもよると思いますが、やはり8GBはないと苦しいでしょうね。

グラフィックは、8チューナフル負荷の3Dで96%と思ったより高い使用率でしたが、GPU Video Decodeでは、最高でも30%と余裕でした。

多チャンネルを同時に視聴するような時には、グラボもあっても良いと思いますが、録画にはCPU性能とメモリの広さが影響しますので、もし、皆さんがこのチューナを検討されるのであれば、CPUとメモリを重要視して下さい。

私の場合、グラボを入れたのは別の意味で、つい最近の事であって、それまでオンボードのHD4000でTVTestを見ていましたし、多チャンネル同時録画も何ら問題もなく出来ていました。

ここで、簡単にまとめますと

CPUは、第2世代のSandy Bridge(Score 6000前後)でも十分使える。
メモリは、8GBあれば十分。4GBは、ちょっとしんどいかも。
グラボは、特に必要ない。オンボードで十分。

私の概略環境

種別 規格
CPU i7-3770S
メモリ 16GB
OSストレージ 120GB SSD
マザーボード ASUS P8H77-V

 

導入設定って難しいの?

「どうしたら使えるようになるのだろうか?」と言うこんな疑問が聞こえて来ました。そのやり取りをしばらくご覧下さい。

 「このチューナの導入設定って難しいと聞いたけど❓」

 『いえいえ、そんなに難しい事はありませんよ。』

 『一度に何もかもやろうとせず、まずTVTestでテレビを映す事を目標にして下さい。』

 「それじゃあ、まずTVTestでテレビを映す手順を教えて下さい。」

 『はい、では次のソフトウェアをダウンロードして、インストールして下さい。』

 『本体ドライバーと、テレビ放送を視聴するTVTestです。』

①PX-Q3PE4の2019年5月更新最新本体ドライバーが、メーカーから公開されています。

BDA Driver Ver.1.4 : Windows 10/8.1/8/7 64bit/32bit同梱

②BonDriverは、こちらからダウンロード出来ます。

PX-Q3PE4 BonDriver 2019/03 
for TVTest 0.7.23
for TVTest 0.9.0 / 0.10.0
RegisterFilters

③TVTest_0.7.23.zip は、こちらからダウンロード出来ます。

TVTest_0.7.23.zip

 「ところで、BonDriverって何?」

 『それは、機器をWindowsで認識させるための純粋なデバイスドライバではなく、TVTestなど視聴用アプリとの橋渡しをする部品ファイルのようなもので、ダイナミックリンクライブラリDLLと呼ばれています。』

 『それと、今のパソコン用テレビチューナが出て来るきっかけになったFriio(2007年10月台湾製のコピープロテクトを掛けないチューナ)が発売されたのですが、それを動かすソフトがなく、有志達によって作られたのがBonDriverです。そして、そのチューナの横からの外見が漢字の”凡”にそっくりだったので、凡のためのドライバ→ボンドライバ→BonDriverとなったのです。』

出典:Amazonより

 「じゃあ、TVTestは、何するの?」

 『テレビ放送を見るためのソフトです。』

 『全体の流れは、本体のドライバでPCにチューナを認識させ、B-CASカードでスクランブル(暗号)を解除して、本体チューナで復号しテレビ局毎に同調させて、TVTestで画像出力し、GPU増幅出力で画面に映し出すと言う大まかな流れです。』

 「何か、複雑で良く分からないけど、テレビ放送をパソコンで映すにはBonDriverとTVTestが必要なんですね。」

 『はい、そうです。後一つ、大事な物があります、B-CASカードが付属していないので、入手する必要があります。』


出典:B-CASより

 「B-CASカードは、どうやって入手するのですか?」

 『はい、B-CASと言う会社のホームページから、お手続き→B-CASカードの再発行→中古機購入を理由とする再発行→カードの種類選択→ユーザー情報としてメールアドレス入力→確認→申し込み完了です。
手数料は、1枚2,050円(送料・消費税込)

 『カードの種類は、地デジとBS/CSを見るなら赤カード、地デジのみなら青カードです。それと注意して欲しいのが、転売品を買わない事です。』

 『なぜなら、B-CASカードの所有権は常にB-CAS社にあり、第三者に転売出来ません。無断で転売するとB-CAS社の所有権を侵害する不正行為となり、それを承知で購入すると、買う方も問題になる可能性があります。』

 「最後の質問なんですが、このチューナを使ってテレビ放送を見たり、録画する事は違法にはならないのですか?」

 『このような機械で視聴・録画する事を俗にTS抜きと言いますが、一時期社会問題になった黒CASカードのように、有料放送をこのB-CASカードに違法にデータを書き込んで永遠に無料視聴出来るようにするものではなくて、やっている事はコピープロテクトを掛ける段階をスルーしているだけのなので、違法ではありません。但し、録画したテレビ番組を一般にアップロードしたりすると、著作権侵害となりますから、注意が必要ですがそれ以外は問題ありません。』

中々、理解しにくい所が多いと思いますが、大きく分けてTVTestを使ってテレビ放送を映す第一段階(TVTestだけでも同時録画は出来ます)と、TVRockと言うソフトを使ってキーワード検索自動予約まで行く第二段階の2つを頭の中に描いてもらえれば良いと思います。

取り敢えず、このような機器の導入の垣根を低くする意味で、準備する物を説明させて頂きました。
ここから先の設定についての詳細説明は、別記事で掲載したいと思いますので、本題の当機種の魅力と注意点を説明したいと思います。



PX-Q3PE4の魅力と注意点

魅力について

 「PX-Q3PE4の一番の魅力は何ですか?」

 『当然の事ながら、1台で地デジ4チューナ、BS/CS 4チューナの計8チューナを搭載している事ですね。』

 『PX-MLT5PEの地デジ、BS/CS放送波共用5チューナと言う使用自由度の高さに対して、各放送波固定4チューナと言うオーソドックスなスタイルが、逆に言えば相互不可侵の最低保証がある、と言う見方にもつながりますね。』

PX-MLT5PEについては、PX-MLT5PE TS抜きを徹底レビュー!その魅力と注意点をチェックで、詳しくレビューしていますので、ご覧下さい。

現在、PX-W3PE4やPX-W3U4等をお持ちで、地デジ、BS/CS 2チューナずつでは物足りないと感じている方に取っては、魅力的な商品になると思います。これ1台あれば大概の録画要求に対応出来ますものね。

 「他に何か魅力はありますか?」

 『やはり、冒頭でお話した通り、CPUへの負担が思ったほど高くなく、軽快に動作するのでCPU性能が少々低くても対応可能、と言う点でしょうね。』

 『更に、細かい話ですが、内蔵型カードリーダーを装備しているので、外付けのカードリーダーが不要です、約2,000円節約可能となりますね。』

 

注意点

 「この機種を導入するのに当たり、何か注意する点がありますか?」

 『そうですね、2~3あります。』

 『まず第一に、電源とデータ通信の接続が変則である事です。』

 『どういう事かと言いますと、電源供給接続はPCI-Expressですが、データ通信用として内部USB2.0の接続ヘッダーpinがマザーボード上に必要となっています。』

 『従って、USB3.0のヘッダーpinしかない場合は、USB3.0 メス20pin-USB2.0 オス10pin変換ケーブルが必要です。』

 「他に注意点はありますか?」

 内蔵B-CASカードリーダーの差し込みが浅く、接触不良が起きやすいです。』

 『BS/CSチューナのD1系統S1がドロップしやすいと言う問題が最初多く聞かれました。こればかりは、物に当たって見ないと分かりません。』

 『電波強度が強すぎる場合でも、視聴に問題を起こす場合があるようです。』

 「その場合は、どうしたら良いのですか?」

 『感度調整ツールは、最初オートになっているので、これをツールで無効のByPassにします。感度調整ツールは、NHKBSプレミアム TVTestが映らない! 対処方法を徹底網羅【2019】の中の(TVTestが映らない原因3-8)に詳細を記載してあります。』

 『或いは、アナログチックにアッテネーター(減衰器)を噛ますと効果が出る場合もあります。』

 『逆に電波信号レベルが弱い場合には、それを増幅するブースターを使う手もあります。』

アースソフト社の安定性に定評のあるPT3Rev.Aに比べると、チューナ感度が敏感と言うか不安定なのか、その辺りの詳細は不明ですが、調整が必要になってくる所のようです。

以上が、PX-Q3PE4の魅力と導入にあたっての注意点です。

上手く行って、8チャンネルを映し出て、録画も出来た時は、やったー!と一人で叫びましたよ。

NHKは、ともかく民放のテレビ放送はコマーシャルが必然ですから、録画した番組を申し訳ないですけど、CMをすっ飛ばして見れますからね。

ダラダラとしたCMなんか見てるだけで、時間の無駄と思いません?
1時間番組でも、中身は40分くらいでしょ。

そして、もっと凝れば、録画後のコマンド実行でCMカットや、エンコードでファイル圧縮もできます。

但し、エンコードには高いCPU性能が求められますので、並みのCPUでエンコードする時間があったら、どんどん見て削除して行った方が早いと思います。

後は、根気とやり遂げる根性さえあれば、パソコンテレビが出来ます。

まとめ

2019年5月現在、パソコン用テレビチューナとすればプレクス社の各種製品が唯一の選択肢であり、生産中止となったPT3Rev.Aなどは、中古プレミアム価格が付いて異常に高騰しており、導入の価値は見い出せません。

その中でも、地デジ4チューナ、BS/CS 4チューナ計8チューナのPX-Q3PE4は現状で最高、最善の選択と言えます。